©2017 放課後デイサービス にじいろぱんだ All Rights Reserved.

〒792-0836

愛媛県新居浜市篠場町10番25号

放課後等デイサービス にじいろぱんだ

℡: 0897(43)5634

Fax:0897(47)5638

​Mail:info@studio-yumeka.jp

 今回は、11/25(土)に行ったぱんだ農園内での焼き芋&カレー作りと、紅葉狩りの活動内容をご紹介します(๑˃́ꇴ˂̀๑)

 お部屋の中でスケジュール確認をしてから、ぱんだ農園に出てきた子どもたち。

さっそくジャガイモを収穫します♪

誰が一番大きいジャガイモ採れるかな?

「あ~~!アオムシみーつけた!!」

という声に振り向くと、キャベツの中からコンニチハと青虫が顔を覗かせていました♪

ちいぽけなあおむし あおむしは おなかが ぺこぺこ♪

子どもたちは青虫探しにおおはしゃぎ!

上手く見つけられなかった子には、いっぱい見つけた子が分け与えてくれました(✿´ ꒳ ` )

最後は手に取った青虫を優しく自然に戻してあげて、得意顔(° ꈊ °)

いずれ立派に羽化してちょうちょになる日が楽しみだね♪

さぁ、楽しく過ごしてるうちにあっという間に、カレーができあがったようですよ。

「うわぁ!いいにおい!」

「いただきまーす!!」

 みんなで食べるカレーはおいしくて思わず2杯もおかわりしちゃった子も・・・(*´﹃`*)

さて、おなかいっぱい食べたあとは一休み...

今日は、にじいろぱんだ専属のパティシエさんのお仕事の様子に密着してみたいと思います。

どうやら今日のメニューは「お誕生日ケーキ」だそうですよ!

まずは必要な材料を計量して、早速、調理開始♪

最初に卵を、人肌より少し暖かい温度まで湯煎で温めながら、空気を含ませるようにかき混ぜていきます。

ちなみに湯煎で温めるのは、卵の泡立ちをよくし、きめ細かな生地作りにかかせないポイントです。

だんだん、空気を含んできて生地が白~くなってきました。

泡だて器で「8の字」を書いたときに、生地がゆっくりと消えていくのが頃合いなんだとか。

しっかり空気を含ませることによって、ふんわりしたやわらかいスポンジ生地が出来上がります。

180度に温めたオーブンで焼くこと約30~40分ほど。

焼き上がった後、生地を軽く押したときにすぐに元の形に戻るとちょうどいい焼き加減です!

焼きあがったスポンジを半分にスライスして、季節のフルーツと生クリームをサンドして・・・

パレットナイフで生クリームをケーキに塗ることをパティシエの専門用語で「ナッペする」と言います。

慎重に慎...

 「チョコレートケーキが食べたい」と教えてくれたお誕生日の子の、リクエストにお応えしてにじいろぱんだのパティシエさんが腕を振るいます。

 スポンジを焼いたり、生チョコクリームをあわせていると、いつの間にかお部屋の中は甘い匂いで包まれていました。

 その子が一番好きなバイキンマンのキャラチョコもなんとパティシエさんの手作りなんです。

 年の数だけろうそくを立てたら、世界に一つだけのケーキの出来上がりです♪

 「みなさん、お味はいかがでしょうか?」

  喜んでもらえてよかった♡

 みんな口のまわりにクリームをつけながら、笑顔でケーキを頬張っていました♪

そしてそして、特別ゲストにパンダさんも遊びにきてくれて大盛り上がり!!

みんなでバースデーソングを歌って踊ってお祝いしました(∩˃o˂∩)♡

素敵な1年になりますように。来年もみんなで一緒にお祝いしようね!

7月29日(肉の日)に、にじいろぱんだではバーベキュー大会を行いました。

バーベキューが始まる前に子どもたちに、ぱんだ農園で育ったお野菜を収穫してもらいます。

農園には、いろいろなお野菜がいっぱ~い☆

今回のバーベキュー用に用意したのはカボチャ、トウモロコシ、タマネギ、ジャガイモ、ナス、ミニトマト、キュウリ、ピーマンの全8種ですが・・・

子どもたちにはピーマンタマネギキュウリの3種類の野菜の収穫をしてもらいましたヽ( ・∀・)ノ

みんなで食べる分だけ収穫だ~!

 採った野菜は、たらいの中に入れて直前まで冷やしておきます。

お野菜いっぱい採れたね!!

バーベキューの火を起こしてる間に、こどもたちが畑のスイカも収穫しました☆

スイカを持ったとき、ずっしり重くてびっくり( ̄ー ̄)ニヤリッ

順番にスイカを回して重さを確かめ合います。

でも、このスイカの出番はまたあとでのお楽しみ・・・。

その頃ご飯炊き班は、飯盒炊爨(はんごうすいさん)で白ご飯を炊いていました。

野菜収穫の前に、お部屋の中で先生からお米について学びました。

固い「生米」を炊く...

 7月に入って、田窪先生が笹竹を用意してくれたので、子ども達と一緒に短冊にお願い事を書きました☆

 笹竹はあっという間にみんなが作った飾りや短冊でいろとりどりに。

 「天才になりたい」「ケーキ屋さんになりたい」などなど・・・みんなの夢、叶うといいね!

 

叶うという字は「口」に「十」と書きます。

 この字が示すように叶えたい願い事は、言葉にして十回、もしくはそれ以上ずっと言い続けたり、願い続けるといつか絶対叶うと信じています。

 先生たちもそれぞれ「みんなが元気に健やかに育ちますように」と短冊にお願い事をしました。

 これからもみんなの成長を楽しみに見守っていますよ。

 さて、場所が変わって、ぱんだ農園の中。

 大きく開けた土地に植わっているのはスイカの苗です。

小さなスイカの苗がちょろりと葉っぱを伸ばしています。

 (6月5日 スイカの苗を植え付けた日)

 最初は小さかったスイカも日を追うごとにどんどん葉っぱを大きく伸ばしていき、気がつくと辺り一面緑の葉で覆われていました。

 (6月30日 スイカの葉が順調に増えている様子)

黄色く小...

  ぱんだ農園では、5月18日に苗の植え付けをしたサルビアが、花をつけ始めました。

 ひとつひとつの小さなつぼみから、豊かな生命力を感じさせます。

 朝露をたっぷり貯めた野菜たちと朝の挨拶を交わすと、昨日と違った顔を覗かせてくれることも。

 梅雨時期は、湿気も多く過ごしにくいとよく言われますが、きらきら太陽に反射して光る美しい滴を発見することができました。

 農園の北側に、2列に植えたトウモロコシは、お互いの背を比べあうように上へ上へと伸びている最中でした。

 

 ここに植えているトウモロコシは、「ミルフィーユ」という品種です。

 

 ミルフィーユは、黄色と白のバイカラーコーンで食感も甘さも抜群なのだとかヽ( ・∀・)ノ

 こちらはズッキーニ。

 西洋カボチャの一品種で、細長い見た目はキュウリに似ていますが、味はどちらかというとナスに似ているという面白い野菜です。

 ビビットカラーな元気な黄色は遠目から見てもすぐにわかります!

 

 そしてすぐ隣にあるかぼちゃコーナーでは・・・葉をかき分けると、かぼちゃの実もきれいについていました。

...

  

 ヴァイオリンコンサートの朝、にじいろぱんだの入口の前でもぞもぞ動いてる黒い物体を発見しました。

 「なんだろう?」と思って拾いあげてみたところ、なんとクワガタでした。

 こんなところで野生のクワガタに遭遇するなんて・・・とても不思議だなぁ。

 なんて思いながら・・・様子を見ていると、日の光でかなり衰弱している様子でした。蟻がクワガタのすぐ近くに寄っていたので急いで救出しました。

 脱脂綿に果汁をつけてクワガタが果汁を口に運んでくれるのを見守ります。

 

 救出した当初より動きが少し活発になってきて少し安心です。

 しかし、いつまでも紙カップの中にいては落ち着かないので住処をととのえることにしました。

 マット(クヌギ・ナラを使用した微粒子)に、昆虫用ウォーター、のぼり木、えさ皿などが揃った飼育ケースの中に入れてやると早速、土の中に潜り込んで自由に動き回り始めました!

 とまり木に塗りつけた昆虫ゼリーに吸いつくクワガタ。

 基本的に夜行性なので、みんながにじいろぱんだに遊びに来る時間は眠っているけど、もし会えたらとってもラッ...

 ヴァイオリンの繊細で優しい旋律が心地よく響いています♬☻☻♫•*¨*•.¸

 中西弾さんのヴァイオリンコンサートには、利用者をはじめ、保護者の方や、地域の方などもお招きし老若男女問わず多くの人が、その音色に心奪われました。

 

  演奏中ぱんだのぬいぐるみを持って、ヴァイオリンの演奏に合わせて踊ってくれた子達もいて、見ていてとっても心癒される一幕もありました…♫٩( ´◡` )( ´◡` )۶♫

 

 やっぱり生の音楽はいいですね・・・!

 人は誰しも「音楽を聞いて楽しむ」という力を持っています。
 

 普段生活する中で自然と取り入れていることなので特に意識をすることは少ないですが、実はそこから得られるエネルギーはとても大きなものだったりします。

(恋ダンスを演奏する弾さん)

 自分が好きな音楽を聴くことで、脳が元気になるホルモンが分泌され、気持ちが上向きになったり、クリエイティブな部分で良い刺激を受けたりもします。

 良い音楽を聴けばきくほど、脳の状態もいいものになっていきます。

 特に、生演奏から感じ取る情報はとても大きなも...

 

 日に日に暑さが増して来る今日この頃ですが、みんなが涼しく楽しめるようなイベントを思い立ち、早速その準備にとりかかりました。

 

 見事な太さの竹を何本か切って来たようですが、持ってみると1本でもかなりの重さです。

 施設長と仙ちゃんは、竹の大きさをうまく組み合わせながら、何かを作っているようです。

ん~・・・?一体これはなんだろう?

 なたを使って竹を縦に半分に割っている様子。

 パッカ~~~~ン と綺麗に割れました!

 なにやら、角度をつけながら竹の位置を調整しています。

 どうやらここは重要なポイントらしく、二人でいろいろ相談しながら一番良い位置と高さを決めていました。

 

 さて、何が出来るかもうおわかりでしょうか?

 正解は・・・ジャジャン!

竹のそうめん流し台でした♫꒰・◡・๑꒱

 水の流れもチェックし、準備はととのったようです。

 そうめん流し当日がたのしみだなぁ♪

 

 6月12日(月)~6月17日(土)※水曜日を除く、毎日にじいろぱんだに「ぱんだカフェ」が来て、ジェラートを食べられます。

 外に出て、「ぱんだカフェ」の車を見たこどもたちは、 一体これはなんだろう?と、興味津津のようです。

 「自分の好きな味を2つ選んでね」と伝えると、

 

 車の前に立って、自分の食べたい味を上手に注文することができました!

 

 みんなでいっしょに食べるとさらにおいしいね(∩❛ڡ❛∩)

 

 その後、ぱんだ農園を探検しながら、どんな野菜が育っているのか見に行ったり、赤く熟れたミニトマトを収穫してその場で食べたりしました。

「とったどーーーーー!!」

肝心のお味のほうは・・・いかがでしょうか?

「うんまぁぁい」と、向日葵のような笑顔でこたえてくれました!

その笑顔を見るだけでこちらも元気をもらい、嬉しくなった1日でした(∩˃o˂∩)♡

Please reload

June 21, 2017

Please reload

Recent Posts     
Catagories      
Tags         

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

Please reload