ぱんだ農園では、5月18日に苗の植え付けをしたサルビアが、花をつけ始めました。

 ひとつひとつの小さなつぼみから、豊かな生命力を感じさせます。

 朝露をたっぷり貯めた野菜たちと朝の挨拶を交わすと、昨日と違った顔を覗かせてくれることも。

 梅雨時期は、湿気も多く過ごしにくいとよく言われますが、きらきら太陽に反射して光る美しい滴を発見することができました。

 農園の北側に、2列に植えたトウモロコシは、お互いの背を比べあうように上へ上へと伸びている最中でした。

 

 ここに植えているトウモロコシは、「ミルフィーユ」という品種です。

 

 ミルフィーユは、黄色と白のバイカラーコーンで食感も甘さも抜群なのだとかヽ( ・∀・)ノ

 こちらはズッキーニ。

 西洋カボチャの一品種で、細長い見た目はキュウリに似ていますが、味はどちらかというとナスに似ているという面白い野菜です。

 ビビットカラーな元気な黄色は遠目から見てもすぐにわかります!

 

 そしてすぐ隣にあるかぼちゃコーナーでは・・・葉をかき分けると、かぼちゃの実もきれいについていました。

...

 毎朝、ぱんだ農園に野菜の様子を見に行くのですが、今日は一つニュースがあります。

 それは…トマトの実が1つだけ色づいていたこと

 う、うれしい・・・!

 ぱんだ農園に訪れるたびに、植物と触れ合うことで成長を感じたり、小さな喜びを噛みしめています。

 普段わたしたちが何気なく口にしている食べ物でも、こんな風に関わりを持ち愛情を持つことにより、改めて命の大切さやありがたさに気付かされます。

 

 

 このような成長を見守る中で、野菜と子育てにも共通点があることが分かりました。

 わたしたちは、野菜自身の持つ自立する力を考え、のびのびと育つように、時に助けながら優しく見守っていかなければなりません。

 

 野菜の性格や持って生まれた力を無視して、一方的な栽培をしたり、野菜の自由を許さない環境では、野菜はストレスを抱え病気になってしまうこともあるでしょう。

 結局、野菜を育てるにあたり一番大事なのは、土づくりであるということです。

 土という環境で栄養をたっぷりとりこんで、その野菜は甘くおいしく新鮮で元気な食物となります。

 子育てにおい...

 ぱんだ農園に行ってみると、ピーマンの実がついていました!

 現在、ぱんだ農園ではピーマン・パプリカ・唐辛子等も育てていますが、

 実は、ピーマンやパプリカはナス科トウガラシ属の野菜なのです。

 

 植物学では、特にピーマンとパプリカの違いは明記されておらず

 「ピーマン」・・・完熟前に収穫したもの。小ぶりで、少し苦みがある。

 「パプリカ」・・・ピーマンが更に熟したもの。大きく、甘味がある。

 となっているそうです。

 ちなみに、ピーマンとパプリカには、栄養素も基本的には同じで、ビタミンCカロテンを多く含みますが、含有量はパプリカの方が圧倒的に多く、栄養価が高いのだそうです。

 ピーマンも美味しくてすぐに収穫したいけど、実がどんどん色づいてパプリカになるのも楽しみだなぁ(●・ω・●)

 5月中旬頃に植えた、トウモロコシはあっという間にこんなに大きく成長しました。

 

 順調にいくと7月下旬~8月に収穫となりそうです☆

 そして、本日最後にご紹介するのはこちら。

 まぁ~るく土を円状に盛り上げた中に植わっているこの野菜は・・・スイカで...

 今日は、ぱんだ農園に必須といっても過言ではない自然の「有機(動物、人間、植物あるいは微生物)由来の資源肥料づくり」に密着したいと思います。

 

 最近は行政等の助成金制度もあって、電気式の生ごみ処理機を導入し、生ごみを園芸や家庭菜園のための「有機肥料」素材として活用されているご家庭も増えてきたことと思います。

 ぱんだ農園では、前の季節に植えていた野菜のガラなどを再利用し、自然の「有機肥料」素材として土に混ぜ、土の中における自然の栄養素循環を活性化させることによって、安全で美味しい野菜を育てています。

 「(おいしい野菜がとれるかどうかの)勝負は土の中で決まる!」のだそうです。

 にじいろぱんだに来てくれるこどもさんたちが、安心して安全に楽しく園芸療育ができる環境づくりのため、日々奮闘する施設長と、助手の仙ちゃんなのでした(●・ω・●)♪

ぱんだ農園に、新たな区画が整備されました。

ピーマンゾーン、かぼちゃゾーン、通り道をそれぞれうまく機能させるため、

施設長はトンネルを作ったようです。

なんと、かぼちゃがトンネルの中に!

一体どんなふうに育っていくのか、これからも見守っていきたいと思います。

今日は、ぱんだ農園で育てているきゅうりを初めて収穫しました!!

数日前はまだまだ小さかったのに

あっという間に大きく育っていたようです。

 (↑5/25頃のきゅうりの様子)

きゅうりには黄色いお花が咲くんだね(●’∀`●)

早速食べてみたら、とってもみずみずしい!

きゅうりってこんなに甘くて美味しい野菜だったんだ、と感じました。

とれたての野菜のおいしさを、みんなに知っていただけたら嬉しいです。

施設長からきゅうりのおいしい食べ方のコツを教えていただきました。

「食べる前に10分ほど、冷蔵庫できゅうりを冷やしておくこと。右手にマヨネーズ、左手にきゅうりを持ってかぶりつく」と美味しさ倍増だそうですよ☆

ぜひ、おためしください^^

数日前に、ぱんだ農園に植えたトウモロコシの種が芽吹きました。

たった数日でここまで育つとは・・・植物の生命力を改めて感じました。

これからも元気にすくすく育つよう見守っていきたいと思います。

夏の収穫が楽しみです☆★☆

Please reload

June 21, 2017

Please reload

Recent Posts     
Catagories      
Tags         

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

Please reload

©2017 放課後デイサービス にじいろぱんだ All Rights Reserved.

〒792-0836

愛媛県新居浜市篠場町10番25号

放課後等デイサービス にじいろぱんだ

℡: 0897(43)5634

Fax:0897(47)5638

​Mail:info@studio-yumeka.jp